FX取引履歴

STEP.3 MetaTrader4をインストールしよう

 取引ツールのダウンロードや口座への入金方法など実際の取引の始め方については各FX業者によって丁寧に解説されていますので、ここではすでに取引が開始できる状態になっているものとして話を進めます。なお、ほとんどの取引業者では実際のトレードとほぼ変わらない状態で取引をシミュレーションできるデモトレードが行えるはずなので、事前に練習しておくことをお勧めします。
 MetaTrader4(以下「MT4」)は実は本家のMetaQuotes以外にも様々なFX取引業者から独自のアレンジを加えたものが提供されています(むしろ、現在はこちらが主流)。サーバーダウンなどのトラブルを避けるためにも、ここでは複数のMT4をインストールすることを奨励します。ただし、サーバーが変えれば配信されるレートも違うため、同じMT4同士でも同じ値動きになるとは限りません。これは同じインジケーターを使用する場合も同様で、シグナルのタイミングが異なったりすることがあるので注意が必要です(特に時間足が短いほど違いは大きくなりやすい)。以下に主なダウンロード先とインストールの手順を掲載しますので、参考にしてください。

MetaQuotes(本家)
FXDD
Alpari
GCI Financial

 英語サイトなどもありますが、まずはがんばって「mt4setup.exe」などのプログラムをダウンロードしてください。「MT4」や「MetaTrader」「download」などでページ内検索をすると見つけやすいでしょう。セットアッププログラムはインストール後は必要なくなるので、保存場所はデスクトップなどのわかりやすい場所がよいと思います。
mt4inst_01
 このようなアイコンができたと思います。
 次にアイコンをダブルクリックしてください。自動的にインストールが始まるはずです。英語によるライセンス条文が表示されたら、「同意する」にチェックを入れて次に進んでください

 インストール先の選択画面が表示されたら、インストールしたい場所を選んでください。特に理由がなければデフォルトのままで良いでしょう。インジケーターの導入時にはインストール先のフォルダを開きますので、場所は憶えておいてください。

 プログラムグループの選択などは特に変更する必要はないはずなので、そのままで構わないでしょう。最後に「終了」をクリックしてインストールは完了です。

STEP.4 MetaTrader4のセッティング

 インストールが終了したら、MT4を立ち上げてみましょう。インストール時に「Launch MetaTrader 4」にチェックが入っていれば自動的に起動しているかも知れません。なお、このままではMT4を利用することができません。「デモ口座の申請」を行いましょう。
mt4inst_02
 このようなダイアログが現れるはずです。現れていなければ、「ファイル」→「デモ口座の申請」を選んでください。
 デモ口座なので画像のように適当な内容で構いません。「貴社からのニョースレターの受け取りに同意します。」にチェックを入れて、次に進みます。
mt4inst_03
 取引サーバーを選択します。「Scan」をクリックすると、サーバ速度がチェックされるので参考にしてください。

 「完了」をクリックして終了です。
prev | 1 | 2 | 3 | 4 | next