FX取引履歴

MT4にインポートしよう

 続いて作成したデータをMT4にインポートします。まずバックテストを行いたいMT4が立ち上がっていれば終了してください。次に「マイコンピュータ」などからMT4のフォルダを開きます(Windows XPなら通常はC:Program Files内)。「history」フォルダ→「業者名(downloadsではない方のフォルダ)」内にある「symbols.raw」「symbols.sel」「symgroups.raw」「ticks.raw」以外のファイル(通貨名+時間軸.hstとなっているファイル)をすべて削除します(念のため、フォルダごと別名でバックアップをとっておくことをお勧めします)。

※非常に重要な設定が抜けていました。過去データをインポートする前に、「ツール」→「オプション」の「チャート」タグで、「ヒストリー内のバー最大数」を99999999などのデータ本数より大きくしておいてください。これを行わないと、データが途中までしか表示されません。
インポート
 「ツール」→「Histiry Center」と辿り、取得したい通貨と時間軸を選んで「インポート」をクリックしたら、対象となるマージファイルを選択して「OK」を押します。再起動しないとオフラインチャートとして利用できないので、ここで一旦MT4を終了させます。
 MT4を起動し直して「ファイル」→「オフラインチャート」を選ぶと、インポートした通貨の時間軸が表示されているはずです。

バックテスト用ツールを使って検証しよう

 「インジケーター配布」コーナーからバックテスト用のツールを入手してMT4に導入してください(インジケーターの導入方法はこちら)。

 バックテストを行いたいインジケーターをウインドウに表示します。バックテストは売買シグナルを表示するものであればメイン・サブどちらのウインドウに表示されるタイプでも構いません。
 バックテスト用ツールをウインドウにドラッグアンドドロップして、パラメータを入力しすると以下のようにバックテストの結果が表示されます。
シミュレーター
 なお、ツールの詳しい使い方は添付された「ReadMe」をご覧ください。

※注意
 公開されているMT4インジケーターの中には、 レートが確定した後でシグナルなどを表示し直す、いわばじゃんけんの後出しのようなものも存在します。こうしたインジケーターは一見すると非常に優秀に見えますが、当然ながら実際には役に立ちません。起動しただけではわかりにくいので、値動きの中で過去の表示が書き換わるようなインジケーターには注意が必要です。
prev | 1 | 2 | 3 | next