FX取引履歴

バックテストについて

バックテストとは?
 トレード手法やインジケーターなどが有効であるかを確認するために、過去のデータに当て嵌めて検証することをバックテストと言います。トレード手法の優劣を確かめる唯一の判断材料と言っても良いでしょう。ただし、その方法やデータに統一性がなければ正確な比較ができません。また、一方的な結果だけを公開してもそれを確認する術がなければおいそれと信用できるものではないでしょう。そこで当サイトではバックテストの方法を公開することで、誰でも検証結果の信用性を確かめられるようにしています。
※バックテストの結果は実施する環境やシステムによって誤差が生じるため、必ずしも当サイト内で公表している結果通りになるわけではないことをご了承ください。

バックテストの意味
 常に勝ち続けるトレード手法など存在しません。トレードを続けていれば必ず負け続ける時期があります。そんな時は自分のトレード手法に自信がなくなり、疑心暗鬼に陥りやすいものです。では、どうすれば信じることができるでしょうか? それには1にも2にもなく、できるだけ多くのバックテストを繰り返すしかありません。例えば1ヶ月間のバックテストの結果では好成績を納めたものが、翌月まで検証期間を延ばした途端、それ以上の損失を出すなど検証段階ではよくあることです。その検証過程の中で実用性を証明したことだけが、トレード手法の信用性に繋がるのです。バックテストを行うのは単に成績の優劣を判断するためだけではないことを憶えておいてください。

バックテスト用プログラム
 MetaTrader4(以下「MT4」)には実はEA(自動売買プログラム)用のバックテスト機能は搭載されていますが、通常のインジケーターをバックテストする機能は備わっていません(ウラ技的な方法を使えば通常のインジケーターでも可能ですが正確さや有用性に疑問が残ります)。そのため、インジケーターのバックテストを行うとすると、一つ一つ売買記録を付けていくしかありませんでした。しかし、この方法では1年分の検証をするのに数時間から下手をすれば数日かかってしまいます。パラメータをいじるたびにこれを繰り返していてはとても時間が足りません。
 そこで当サイトでは通常のインジケーターのバックテストを自動で行うプログラムを開発しています。このプログラム自体もインジケーターなので、MT4のシステムに左右されることはありません。このプログラムを使えば10年分のバックテストも僅か数分で可能です。公開しているバックテストの結果はこのプログラムを用いたものです。なお、このプログラムはインジケーター配布コーナーで公開していますので、詳しくはこちらをご覧ください。

ロット数とスプレット

 トレード手法の配布や販売を行っているサイトの中には、ロット数スプレットの有無などが記載されていない場合もよく見受けられます。しかし、これらはバックテストの正確さを左右する要素なので、当サイトでは以下の基準を設けていることを予めお断りしておきます。

ロット数は常に1万通貨単位
 取引規模を表すロット数はほとんどのFX取引業者で最低取引単位とされている1万通貨=1ロットに設定しています。そのため、一見すると収益が少なく感じるかも知れません。しかし、スタートが1ロットというだけで、実際の取引では資金の増加に伴ってロット数を増やしていくのが普通でしょうから、1ロットのまま取引を続けた場合の最低限の収益とご理解ください。
ロット数比較
 このように順調にロット数を増やしていけば、10000pipsを獲得した時点で収益は公開している収支金額の5倍以上になります。

スプレットは2pips~4pips
 スプレットは1回の取引(売り買いそれぞれ)ドル円で2pips、ユーロ円およびポンド円で4pipsを設定しています。主要FX取引業者のスプレットと比べても大きめに設定していることがお分かりになるかと思います。あえて検証結果に不利な大き目のスプレットを設定しているのは、実際の取引ではスプレットの変動や発注タイミングのずれが生じるため、これらを考慮してのことです。中には意図的にスプレットを無視した結果を公表している業者もあるのでご注意ください。
スプレット比較
 なお、バックテストの結果にスワップ・ポイントは考慮していないことをお断りしておきます。
prev | 1 | 2 | 3 | next